障がいのある方の就職・就労をさぽーとする就労移行支援事務所障がいのある方の就職・就労をさぽーとする就労移行支援事務所

スリーピースブログ

 

自分の捉え方、考え方のクセを知ろう♪

今日の北浜店では、外部講師の亜希子先生による「自分と人ともより良い人間関係を築く講座」を行いました。

いつものように呼ばれたい名前、最近のHAPPYシェアをした後は、
人との価値観、捉え方、優先順位の違いについて、ある日常のシーンを切り取り話し合いました。

皆さんもイメージしながら、自分だったらどんな行動を取るか考えてみてください。

ある朝、通勤のため電車に乗ったときの出来事です。
電車の扉が開き、自分(30代)と おばさん(50代)と 他数人が一緒に乗車しました。
乗車すると斜め前の優先座席に、20代くらいの若い女性2人が座っており、コソコソと話した後、サッと無言で席から立ち去って行きました。

さてこの後、あなたならどんな行動をとりますか?

皆さんに自分だったら、という過程で発表していただきました。
「そもそも30代の自分なら、優先座席には座らない。」
「自分に席を譲ってくれたんだと思って、座ります。」
「席が空いたと思って、周りにお年寄りがいなかったら座ります。そのあと年配者がきたら譲ります。」
「相手が席を立ったのと自分とは、無関係だから別に何もしない。」
「そもそも座らない。声を掛けられたのなら断ります、無言で立ち去られたら自分(30代)に譲るとは思えないし、そのまま無言で立ってます。」
「優先座席とか関係なく、お年寄りに譲る気持ちが大切。」
など皆さんそれぞれの捉え方や考え方がありました。

大切なことは、誰の回答が間違っていて正しいのか?ではなく、皆それぞれ違いがあるということ、そして自分自身はいつも“何に注目して考え(捉え)ているのか”、を知ることが大事なんです、と亜希子先生が教えてくれました。

意識しているところが、自分なのか、相手の気持ちなのか、世間の目や常識なのか、などで行動も違ってくるということですね。

今回のワークで、自分の捉え方・考え方のクセを知ることで、今ある課題や悩みの解決に役立つヒントになったかもしれません。
今日も皆さんお疲れさまでした。

IMG_8554.jpg

スリーピースグループは、あなたの就職したいお気持ちが実現できるお手伝いを行なっています。
うつ、ストレス疾患、精神障がい、軽度発達障害などがあっても就職は可能です。

就職したいけど、働くことに障がいがあって不安がある...
職場の人間関係にいつも悩まされる...
長く働ける自分でいたい...
自分らしく生きていきたい...
まずはお気軽に、ご相談ください。

大阪での就活、就職なら就労移行支援事業所スリーピースにお任せください♪

その他のブログ

Calendar Loading