障がいのある方の就職・就労をさぽーとする就労移行支援事務所障がいのある方の就職・就労をさぽーとする就労移行支援事務所

スリーピースブログ

 

ご縁は心で決まる♡

3月に入り、ようやく春の訪れを感じられる季節となりましたね。
新型コロナウイルスの感染が拡大し、各地で様々な影響が出ています。皆さんも不必要な外出は控え、外出する際はマスクを装着し、帰宅後は手洗いうがいを忘れないよう心がけてくださいね^^

さて、本日はスリーピース今里のサービス管理責任者:南川の最近とくに実感していることをシェアしたいと思います。
それは
「これも何かのご縁」から、すべての出会いが未来につながる♪」というお話です。

私は支援員になる以前から福祉の世界で働いてきましたが、この障害福祉サービスはスリーピースが初めてでした。
正直申しますと、就労移行支援事業所という存在さえも就職するまで知らずにいました。

しかし今から2年前、
私が転職で色々と迷っていた際にお世話になったハローワークの職員さんから、就労移行支援事業所について教えて頂き、今のスリーピースに入社をすることができました。

私は当時、その担当の方から受付番号札の裏に書かれた応援のメモを大切にしていて、なぜか2年もの間、財布の中にしまって持ち歩いていました。 行為だけ見ると何気ないことですが、なぜか捨てれずにいたのです。それはまるでお守り袋を財布にそっとしまい込んでいるように。

スリーピース入社時は生活支援員としてでしたが、今ではサービス管理責任者としての大切な仕事をさせてもらうようになり、たびたびハローワークに行く機会が増えた事により 、その方にもう一度会ってご挨拶がしたいと思うようになりました。

あるときハローワークの窓口をのぞくと。その方も覚えてくださっていて、メモも大切に持っているという事をお伝えすると「そんなメモを大事に持っていてくれたのですね。今度はちゃんとしたお名刺をお渡しします」と言って頂く事ができました。

今現在、スリーピースでの仕事はとても楽しく充実感があり、とても満たされたものとなっています。
この今の幸せも、あのとき窓口で対応・相談に乗っていただいたあの方のお陰であると、思い返すたび感謝の思いが溢れてきます。

他人からみると何気ないことかもしれませんが、感謝する気持ちは持ち続けたいと日々実感する毎日。
この思いを未来に向かって励まれる利用者皆さんにもお伝えしていきたいと思いました。

些細な事でも感謝することの大切さ、そして感謝だけでなく幸せは些細なところから運ばれてくるのだと思います。
読んでくださってありがとうございました。

l_45ec1483-747a-42f6-8dce-01044a3b4915.jpg

その他のブログ

Calendar Loading