障がいのある方の就職・就労をさぽーとする就労移行支援事務所障がいのある方の就職・就労をさぽーとする就労移行支援事務所

スリーピースブログ

 

相手との距離感を決めてより良い関係を築こう♪

本日の今里店は、外部講師の亜希子先生による「自分と人ともより良い関係を築く幸せ講座」を開催しました。
今月は就職が決まった方がたくさんおられたこともあってか、皆さん就活に向けて積極的に講座に取り組んでおられたように感じました。

「これから就活にあたり何か不安に思うことは?」
亜希子先生からの質問に、ある利用者さんから「外的に人を変えようとしてくる人に、どのように対応したらよいのでしょうか?」と今後の不安を教えてくれました。

外的とは、外的コントロールのことを指し、人の行動は外部からの刺激に対する反応である
という考えのもので、例えば何か
問題が起きたときに怒鳴る、罰を与えるなどし、相手が悪いから当然だという正しさのもと、他人を変えようとして取る行動などを言います。

亜希子先生からは、自分の「付き合いたい(仲良くしたい)人」は、どんな人かを明確に前提として選んで決めておく。そうしておくことで、職場でどうしても話さないといけない人とも、逆に話せるようになるということを教わりました。

「この人とちゃんと向き合い、付き合わないといけない」と思って話をすると、無意識に自分の中に相手を受け入れてしまうから、疲れを感じることとなり、結果的に自分を縛ってしまうことになるということです。

しかし、自分で付き合いたい人の基準を決めておくことで、「この人は、仕事をする上で話すことはあっても、自分が受け入れている人ではない」とわかって話すと、受け止めるだけで、自分の中に入れてしまわないで済む、とううことでした。

相手との最適な距離感として、自分の中で「線引きをする」ということですね!
本当にしんどい時は避けることも必要であることも教えていただきましたよ。

講座を通して皆さんから、「ちょっと難しい感じ」だけど「なるほどね」と納得できたご様子でした。全て外からの刺激を自分の中に入れて、しんどくなっていっていたことを実感されたようで、どんなことも「自らの選択」であることを知るキッカケにもなったのではないでしょうか。

スリーピースグループは皆さんと一緒に、社会復帰に向けた訓練を行なっています。
うつ病、障がいなどで働くことに関する不安やお悩みを、ひとりで抱えていませんか?

「障がいがあっても働きたい...、就職したい...」
「うつ病、障がいなどで、働くことに不安や悩みがある..」
「大阪の就労移行支援事業所を探しているんだけど..」
などなど、障がいがあっても就職を諦めていないあなた。

まずはお気軽にご相談ください。→お問い合わせフォーム
就労移行支援事業所 スリーピースグループ 職員一同、あなたのお力になるためお待ちしております。

IMG_7186.JPG


その他のブログ

Calendar Loading