障がいのある方の就職・就労をさぽーとする就労移行支援事務所障がいのある方の就職・就労をさぽーとする就労移行支援事務所

スリーピースブログ

 

お仕事体験!レジ業務♪

本日の今里店の土曜イベントは「お仕事体験♪」ということで、本物のレジスターを使用し、皆さんとスーパーで働くスタッフという設定で仕事体験をしました。

スーパーで働くってどういうイメージをお持ちですか?
「ただレジを打つだけ」
「ピッピっと誰でも簡単にできそう」
と感じている方もいると思いますが、実は奥が深かったりするんですよ!

レジ打ちは、レジスターが設置されたカウンターに立ち、お客様が持ってきた商品を受け取り、バーコードをスキャンして、合計金額を伝え、精算する業務です。
お店によっては、バーコードや金額を手打ちしたり、商品を梱包(袋詰め)したり、ポイントカードを発行していれば、その対応も必要になります。

レジ業務は、お金を扱う仕事ですから「最終的な合計金額が合っているか」や「お金のやり取りで間違いがなかったか」など、レジ内の現金と売上を点検する業務も含まれます。
そのため、レジ業務を他の人と交代する際には、金額チェックを行い、次の人も確認を行ってもらうなど二重チェックが必要なところもあります。

IMG_1558.jpg

今回のレジ打ち体験では、カゴに入った商品を、レジスターでスキャンしながら、別のカゴに商品を入れ直し、精算を行うという一連の流れを行いました。

一つひとつの動作を丁寧に行いすぎると、他のお客様をお待たせてしまい「遅すぎる!」となりますし、雑に扱うと「丁寧にしてよ!」と、なんとも塩梅が難しい(≧∀≦)
体験された利用者さんからは、
「レジをしながら、先の事を頭で考えて計画立てる仕事だと思わなかった!!」
「大変さはあるけど面白い♪」
と皆さんお仕事体験を楽しんでられました。

IMG_1559.JPG

スーパーは、レジ打ちだけではなく他に沢山の働く人がお店を支えています。
今回のイベントでは、レジ打ちのほかに、売り上げを計算する仕分けも経験し、売掛け伝票の書き方や、今まで知らなかったバックヤードについても知ることができ「事業所内で多くの体験ができた!」と好評でしたよ^^

スリーピースでは、就職前の職場実習に恐れなく挑戦する機会として、事業所内でお仕事体験ができる企画も行っています♪

うつ病、精神障がい、発達障害なので働くことに関する不安やお悩みを、一人で抱えていませんか?
障がいがあっても、就職はできます!
働くことを諦めたくないアナタを全力でサポート致しますので、まずはお気軽にご相談ください。

▼お問い合わせは→こちら←から
大阪の就労移行支援事業所は スリーピースに、お任せください♪

その他のブログ

Calendar Loading