障がいのある方の就職・就労をさぽーとする就労移行支援事務所障がいのある方の就職・就労をさぽーとする就労移行支援事務所

スリーピースブログ

 

自己肯定感を高めて自分を大切に♪

漫画がヒットしドラマ化もされている『メンタル強め美女白川さん』。
みなさんご存知でしょうか?

いつもニコニコご機嫌な主人公☆白川さんは、ひがみや嫌がらせなど、人からどんな言葉や態度を取られても、常に自分がHAPPYでいられるようプラスの解釈で受け止め、自分自身を大切にしています。

主人公の生き方は、私たちが支援ベースとする「選択理論心理学」の考え方に似ていて、これからの時代を生き抜く術を、わかりやすく教えてくれているようです。

810XdsB9mcL.jpg

仕事や恋愛・人間関係で悩んだり、常にモヤモヤして疲れる...など生きづらさを感じている人もいると思いますが、人生を楽しむために欠かせない一つが【自己肯定感】です。

自己肯定感が低い背景には、過去に辛い経験があったり、家族など身近な人との関係が上手くいっていないなど、挫折や失敗・トラウマが影響していることも多いそう。
●自分に自信がなく受け身になってしまう
●ネガティブ思考で何でも否定的に捉えがち
●他人に対しては批判的に考え見てしまう
●自分を正当化しないと不安
●一人で問題を解決するのが苦手
●人間関係のトラブルが多い
●人に評価や承認してもらわないと不安
など、いつも他人と比べてしまったり、自分の不安や足りない部分を、他人で埋めようとしてしまいがちです。

shutterstock_1221774901.jpg

反対に【自己肯定感】が高い人は、気持ちの浮き沈みが少ないため毎日が楽しく、チャレンジ意欲もあるので自然とフットワークも軽くなります。気持ちも常に前向きなので、人に対しても肯定的に捉えることができるので、他人とも良好な人間関係を築きやすいそうです♪
●「私は出来る!」と自分を信じている
●自分には生きる価値がある
●自分は必要とされている
●ありのままの自分が好き
●周囲の人とより良い関係が築けている
●人生を楽しみたい!
●毎日がHAPPY♪もっとより良くしたい
など、人との比較や他人で埋めることなく、自分の内側から感じ得れることができるため、自分一人でセルフコントロールできるのが特徴です。

自己肯定感の高低は、感情や考え方・判断力などにも大きく左右するため、「生きやすい」か「生きづらいか」にも直結してきます。

まずは、現状の自分を認め、受け入れることからはじめてみましょう。
ネガティブな感情を持っていることも含めて、「これが今の自分だ」と目を背けず、ありのままの自分と向き合うこと。
そして、人から言って欲しい言葉を、自分で自分に言ってあげてみてください。
自分で"私"を満たしてあげることが、自分自身を大切にする行為の一つです。

相手や環境に自分の気分を委ねるのではなく、自分で自分をご機嫌にしてあげることで、苦痛や不幸感から解放され、もっと自由に生きていけますよ♪

前向き.jpg

就労移行支援事業所 スリーピースでは、セルフケア(セルフコントロール)と、自分と人ともより良い関係を築ける方法を皆さんと一緒に学び、ご自身の選択と行動で自立した人生が歩めるよう、良質な情報を提供しています。

働くことに障がいを持ちながら、大阪で就活を考えておられる方は、就職をゴールにせず、あなたらしい人生が歩めるように就職・就労・定着まで一貫した支援を行うスリーピースに、お気軽にお問い合わせください。

その他のブログ

Calendar Loading