障がいのある方の就職・就労をさぽーとする就労移行支援事務所障がいのある方の就職・就労をさぽーとする就労移行支援事務所

スリーピースブログ

 

気持ちの切り替え方で行動も変わる♪

こんにちは^^北浜店です。
このところ一気に寒くなったと思ったら、また気温がグンと上昇するなど、寒暖差の激しい日が続いていますね。

季節の変わり目などで「しんどい」と、体調を崩される方もいると思いますが、そんな状態が少しでも改善できればいいですよね(´∇`)
気分をよくする方法については↓以前のブログが参考になるかもしれません。
「秋に向けて健康習慣を意識しよう♪ 」

さて、今回は「気持ちの切り替え方」について、お伝えしたいと思います。

皆さんは「リフレーミング」という言葉を聞いたことはありますか?
リフレーミングとは、今まで思い込んでいた考え方を別の視点から捉えなおすことを言います。

もう少し、かみ砕いて説明すると、
●仕事で失敗した…
●人間関係にストレスを感じる…
●自分に自信がない…
といったネガティブな負の感情を手放したいときに、ポジティブに再解釈・見方をするのがリフレーミングです。

●仕事で失敗した → 貴重な経験ができて良かった
●上司に指摘された → 自分自身への期待の表れだ
●自分に自信がない → 自信をつけたい向上心の裏返し
というように、
リフレーミングは事実は認めつつ、「貴重な経験になった」「勉強になった」と良い面を見い出し、経験値として糧にすることが大切です。
自分に都合よく事実をねじ曲げたり現実逃避するのとは異なるのがポイントですよ(*^^)b

例えば「早く起きようと思ったのに寝坊してしまった…」
なんて日があって、落ち込んでしまったとしましょう。

でも、見方を変えれば…
「寝坊したけど、通所/出社は出来る!」
「規則正しい生活の大切さがわかった!」
などと捉えることもできます(^ ^)

「失敗したー!༼⁰o⁰;༽ぁゎゎ..」
と感じることも、見方を変えてリフレーミングができるようになると、
「今日はこれが最善だった、よし!次は、どうすればいいだろう?」
と落ち込み感情から解放され、次の手を考えられる余裕が生まれます。

同じようなことがあったとき行動が変わって上手くいけば、自ずと自分への自信にも繋がりますよ(o^^o)

気持ちの切り替えが命運を分ける!
というのは大袈裟かもしれませんが、コインに表裏があるように、落ち込むようなことがあっても、捉え方(見方)を変えればプラスになります。
良い方に焦点を当てることで気持ちも落ち着き、前向きな行動・改善が取れるようになるということです。

「落ち込んではまた同じことを繰り返してしまう」
という負のループに陥らないために、皆さんも落ち込むようなことがあった時には、まずはリフレーミングを意識してみてはいかがでしょうか?

スリーピースは「長期的に捉えた未来ある支援」をモットーに、通所型の福祉サービスを運営しています。

大阪で仕事をしたいけど、人間関係が不安…。
働くことに障がいがあり中々一歩を踏み出せない…など。
お一人で悩み続ける前に、大阪の就労移行支援事業所 スリーピースへお問い合わせください。

うつ・精神障がい、ADHDなどの発達障害の方が安心して就職・就労ができるよう、体調管理・就職準備から就職活動、そして就労定着支援までを一貫してサポートしています。

その他のブログ

Calendar Loading