障がいのある方の就職・就労をさぽーとする就労移行支援事務所障がいのある方の就職・就労をさぽーとする就労移行支援事務所

スリーピースブログ

 

「障害者雇用で働く」か悩んでいる方へ

障がい者の就労支援を行う中で、利用者さんも悩まれるのが働き方です。

「精神障害や発達障害と診断されたけど、障害者雇用で働くのがいいのか?」
「でも障害者枠だと給与が少なそう...。」
「障害者手帳を取ることに一歩踏み出せない...。」
就活を考えたとき、自分に合った働き方に悩まれる方は多いです。

就労移行支援事業所では「①障害者雇用」で働く方も多いですが、そのほかにも「②一般雇用(クローズ就職)」、そして「③障がいを開示して一般枠で働くオープンクローズ」として就労される方もいます。

それぞれにメリット・デメリットと思える違いはありますが、「障害者雇用で働くこと」について悩んでいる方に、ぜひ知って欲しい就労の違いをお伝えしたいと思います。



スクリーンショット 2022-10-25 13.54.19.png

①障害者雇用で働く一番のメリットは、障がい特性に合わせて遠慮せず多くの配慮が受けられることです。
これはご自身が想像する以上に細やかな配慮があり、就職された利用者さんも「自身に合った働きやすい環境が揃ってる」と驚かれる方も多いです。

そもそも障害者雇用を行う企業は「障がいのある方の雇用促進が存在目的」であるため、場面に応じて生じる障害・困難さを取り除くための調整や変更など、合理的配慮が一人ひとりの特性に合わせて行き届いています。

人によって障害者雇用に必要となる障害者手帳の交付をどう捉えるかですが、職場や上司に困っていることを相談することで、どんな些細なことでも話し合って働きやすい環境や配慮を検討してくれるのは、大きな安心感と、ありのままの自分でいられる安堵感があります。

何より障害者雇用は大手企業が行っていることがほとんどですから、憧れの会社に入社でき働きやすさも得られるため、メリットの方が大きいと感じます。

スリーピースでは、就職後の定着支援事業所も運営しており、長期に渡って支援を行う中で例えば、
「今の業務は自分に合わない、配属先を変えて欲しい」
「体調を崩してしまい今日から少し休みたい」
など様々な相談に対しても、企業に打診や連携を行い、配慮・了承していただけることが多いです。

一方、一般枠となる②一般雇用(クローズ就職)で入社した場合、企業は顧客のニーズを追求し利益を出すことで社会貢献をするのが目的の一つでもあるため、一般の人たちと同様の能力やパフォーマンスを配慮なしに発揮し、会社への利益貢献をすることが求められます
同じミスを何度も行えば改善努力が足りないと判断されたり、体調不良で何日も休めば勤怠を問われることもあるでしょう。

また、障がいを開示して一般枠となる③一般雇用でのオープンクローズで入社した場合も、あくまで一般雇用で入社しているため、状況はほぼ同じことが多いです。
「開示しても受け入れてもらえた。」
「障がいを伝えても内定が決まったから配慮もしてもらえると思う。」
と前向きに感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、一般枠として働く社員の中で、一人だけ特別に優遇してもらうことは、非常に厳しいのが現状です。
そもそも、障がい者を受け入れることを想定していなかった職場では、往々にして障がいの理解が乏しく、配慮の仕方もわからないことが多いからです。

何よりオープンクローズでは、障害者雇用としての体制が整っていない中で、職場の「善意に甘え続ける形となります。

人の善意や好意は当たり前にあるものではありませんから、終わりのない配慮の善意が、一般枠の同じ条件で働く社員の不満や疲労感を招くこともあります。配慮することで業務や業績にまで支障が出ることもあり得るため、配慮したくてもできない企業も多いでしょう。
また、障がいの特性によっては同僚や上司にうまく馴染めず、疎外感を感じながら働くことになるかもしれません。

このように「障害者雇用」と「一般雇用・オープンクローズ」では、企業の存在意義や目的が違うため、合理的配慮の取り組みや責任に大きな差があるということです。

もちろん、すべての一般雇用を行う企業が配慮に乏しい訳ではないため「この会社は、もしかしたら違うかも?」と感じるところが、また悩んでしまう一つでもありますね。

「遠慮なく配慮がしてもらえる会社がいい」
「無理をせずに安心して働きたい」
「自分らしく働ける環境がいい」
「一般枠としてチャレンジしてみたい」

どの選択が正解かは人によって違います。
大切なことは、自分が一番良いと思える道を選ぶこと。
仕事は人生の一部ともなりますから、自分自身が望む環境が手にいれられるよう、ゆっくり考えて探していきましょうね。
6e03b676031549b7a1f876477eec0a1e_t.jpeg
就労移行支援事業所 スリーピースでは、皆さんが自分の望む人生が歩める手助けとして、良質な情報を提供し、あなた自身で最善の選択が行えるよう、長期的に捉えた未来ある支援を心掛けています。

大手企業の就職率・定着率も高く、Amazon(アマゾン)や、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)、日本ハム、NTTルセントなど多くの企業に就活が可能です。

・障がいがあっても自分らしく生きたい
・ブランクがあって就活が不安
・職場の人間関係が苦手
・いつも同じ理由で退職してしまう
就職・就労についてお悩みを抱えている方は、お気軽にお問い合わせの上ご相談ください。
随時、見学や体験を行なっています。

その他のブログ

Calendar Loading