障がいのある方の就職・就労をさぽーとする就労移行支援事務所障がいのある方の就職・就労をさぽーとする就労移行支援事務所

スリーピースブログ

 

看護師の視点から学ぶビジネスマナー♪

皆さんこんにちは、スリーピース今里です。
昨日は、看護師による「ビジネスマー講座」を行いました^_^

ビジネスマナーとひと言で言っても、その中身は多岐に亘ります。
今回は、働く上で最も基本的かつ重要な「体調管理」について、皆さんと一緒に学びを深めました╰(*°▽°*)╯

働く社会人に求められることとして、まず決まった時間に出社し、決められた業務時間内に仕事を行うことが基本姿勢となります。

そのため履歴書の用意など就職活動の前に、まず自身の体調管理をある程度、行えていることが必須と言っても過言ではありません。

社会人に求められる「体調管理」とは、自分がベストな状態で働けるよう日々、心身をよい状態に保つことを言います。

しかし頭では分かっていても、いざ働き始めると疎かになりやすい部分でもありますよね^^
生活習慣から気を配り、セルフケアを心掛けることは、自分を大切に扱う事にも繋がります。
事業所が支援ベースとする選択理論心理学の考えともリンクする「人とのより良い関係を築く」ためにも、まずは自分で自分を満たすことが出来るようになることが大切だと共有し合いました♪

■体調管理の際に気を付ける行動とは?
①規則正しい生活
健康的な身体を作る取り組みを確認し、自身の状況と照らし合わせをする。
②予防を意識し徹底する
お薬に頼るばかりでなく、自身で出来るセルフケアを考えて、長期的に捉えた改善策も取り組んでいく。
③お薬は正しい服用を行う
実は、お薬を正しく服用できている方は少ないというのが支援を通して感じることです。

毎日お薬を飲まれている方はもちろん、日頃お薬を飲まれていない方でも、風邪を引いたときなど飲むことは有ると思います。
そういった時に、体調がすぐに回復しないからと多く飲んだり、良くなったからといって決められた薬を飲まなかったら思わぬ副作用が出ることもあります(´Д`ι)
お薬の正しい服用を守る事も体調を悪くしないセルフケアの1つであることを、改めて皆さんと確認し合いました。

IMG_4934.JPG

また食後・食前・食間などの正しい服用時間や、食事を抜いた時にはどうするかなど、クイズ形式で利用者皆さんと楽しく共同学習を行いました。

お薬を飲み忘れた際の対処法では、
「次に飲むまでの時間が近い時は1回飛ばして、次から決められた時に飲んでいる。」
「私は、薬を飲み忘れたりすることがあるので、いつも、お薬をもらう時に薬剤師さんにどうしたらいいか確認するようにしています。」
と、大変すばらしい意見も出され、共同学習の有意義な学びの時間にもなりましたね(*´∀`*)

スリーピースでは、就職をゴールにしない「長期的に捉えた未来ある支援」をモットーに、支援を行なっています。
就職の先にある、あなたの人生の幸せの為に♪
私たちプロの就労支援員が就職準備から就活・就労まで一貫したサポートを行います。

大阪での就労移行支援事業所の利用をご検討中の方は、ぜひスリーピースに見学や体験、相談にお越しください(´ー`)
お問い合わせをお待ちしています。

その他のブログ

Calendar Loading