カレンダー

スリーピースだより

2024/4/15

春の体調管理を選択理論で考えてみよう

季節の変わり目は、気温や気圧の変化が大きく変化するため、自律神経が不安定になりやすく、同時に気分も不安を感じる方が多いようです。

そのため、季節の変わり目によって症状が悪化するケースも少なくありません。

そこで今回は、選択理論心理学の概念である「全行動」をもとに、春の体調不良の対処法について考えてみましょう。
「全行動」を知ることで、体調改善のための“新しい方法”を、見つけることができかもしれません^^

全行動とは?
人の行動を4つのカテゴリーに分類したものです。
●自ら直接コントロールできる【行為】
 運動、食事、睡眠などの行動
自ら直接コントロールできる【思考】
 考え方、捉え方、ものの見方など
自ら直接コントロールできない【感情】
 不安、怒り、喜びなど
◯自ら直接コントロールできない【生理反応】
 心拍数、血圧、体温など

春の体調不良は、様々な要因が複雑に絡み合って起こります。
しかし、全行動の視点から考えると、自分でコントロールできる部分と、コントロールできない部分があることに気づきます。

コントロールできない部分として、気温や気圧の変化、花粉症などの環境要因や、遺伝的な要素なども挙げられます。

一方、コントロールできる部分としては、運動、食事、睡眠などの生活習慣や、考え方、ストレスへの対処法などが挙げられます。

春の体調不良を改善するためには、コントロールできない部分に悩むよりも、コントロールできる部分に焦点を当てることが重要です。

自分の生活習慣や日課を見直し、以下のことを積極的に取り入れ、取り組んでみましょう。

■規則正しい生活習慣
健康的な食事や、自身に合った適切な睡眠、そして自身の体力に応じた適度な運動は、体調管理に大きな影響を与えます。
生活習慣は、自分で直接コントロールできるものであり、望みさえすれば変えていくことができますので、積極的に取り組むことができます。

■物事の捉え方・解釈の幅を広げる
日々の考え方・捉え方にも意識を向けてみてください。

ポジティブな思考や自己肯定感を高めることは、精神的な健康に良い影響を与えるだけでなく、幸福感を得やすくなる秘訣です。

自分の考え方のクセに気付き、新しい捉え方や解釈の幅を広げていけるよう努めましょう。

■ストレスへの対処
自分が何を求め、どんなことに幸せを感じるかを知れば、どのように自分を満たせば良いかが分かります。

自身に合ったリラックス方法を、たくさん見つけることが重要です。

一方で、自分で直接コントロールできない感情や生理反応については、受容することが大切です。

例えば、春の季節の変化による不調や気分の波を「自分はなんてダメなんだ」と否定するのではなく、「いま自分はそう感じているんだな」と、今の自分を受け止め、自分自身を許すことで、前向きな対処法を思い描けるようになり、穏やかに過ごすことができますよ。

春の体調不良は、誰でも経験するものです。
選択理論心理学の全行動の理論を活用して、体調不良に対処するための新しいアプローチを見つけましょう^^

大阪にある 就労移行支援事業所 スリーピース今里では、自己理解として、自分の幸せを読み解く方法や、自身の考え方の癖を知り、視野を広げていけるカリキュラムが豊富にあります。

心の健康(メンタルヘルス)の取り組みから、幸せな日々を送るサイクルを身につけて、自分らしい自立した幸せな生き方を、一緒に目指しませんか?
お気軽にお問合せのうえ、見学・体験・相談にお越しください。

メールにて見学予約いただけます!

予約する

電話でご相談できます!

スリーピース今里
06-6224-0377
資料ダウンロード