カレンダー

スリーピースだより

就職した人に
聞いてみよう

挫折感から統合失調症に…自分を変えたのは「選択理論」の思考法だった

株式会社 NTT西日本ルセント
清水さん(就労移行支援:利用期間 1年)

あのころの僕へ「君には価値がある」。
高校卒業後、統合失調症に。一度、教職に就くものの、体調の波により退職。再び就職を目指そうと思いながらも、自身ではコントロールできないことへの混乱や悩みが尽きず前に進めない状態でした。

スリーピースに通って、自分でコントロールできること・できないことを区別する大事さを知りました

スリーピースで行うカリキュラムの一つ「自分と人ともより良い人間関係の築き方選」の択理論心理学に出会い、考え方や自分の捉え方が大きく変わりました。
「すべての行動は自らの選択である」。その視点から自分を振り返ってみると、これまで自分を責めて身動きが取れなくなっていたのは、「自分でコントロールできること・できないこと」の区別が付けられなかったから、「コントロールできないこと」に無力感を抱いて悩んでいたのだと腑に落ちた気がしました。
また、それまで「働きたい」という思いはどこか漠然としたものでした。でも思考を整理して、明確にゴールに向かっていくための考え方を身につけた後は、自分はどういう業種や職種に関心があるのか。例えばそれが「事務職」だとすれば、具体的にはどんなことがやりたいのか明確になっていました。

実際通ってみて私自身が驚いています

支援員さんと一緒に求人検索している中、「この会社で働くと、こんな自分になれるかもしれない」というプラス思考の想像ができるようになっていたんです。
就職活動中、事務職に絞って数社受けてはいたのですが、残念な知らせが届いたこともあります。それまでならダメージを受けたはずなのに、「選択理論心理学」を学んだおかげで、特に深く落ち込むこともなく、事実だけを受け止め、前に進められる私自身がいることに驚いています。

語り出すときりがないほど、現在の仕事に就くことが出来てよかったです

自分の長所を生かしつつ、業務内容の専門知識を身につけるといった個人のスキルアップ目標。同時に、チームの一体感を大切に働けたらといった、チームとしての目標も出来ました。僕はずっと漠然と「世の中の役に立ちたい」という思いを抱えていました。いまこうしてチームの仲間と仕事をしていると、具体的に誰かの役に立つことを実感しますし、それが働く楽しさになっていることを感じます。
チームのリーダーにもなり着々とキャリアを積み重ねることができ、職場で良縁にも恵まれ家庭を築くこともできました。スリーピースでの訓練があったからこそ、今の自分がいる。本当に感謝と喜びしかありません。

メールにて見学予約いただけます!

予約する

電話でご相談できます!

スリーピース今里
06-6224-0377
資料ダウンロード